芸銀08 x 飛び出すビルド!講師 増子よしひろさん @エスプ

11/22(土)、エスプ10周年記念イベント内で実施された。増子よしひろさんのワークショップ「再生紙で木をつくろう」。
定員以上(約50名!)の児童の方々にご参加いただき、エスプホールはにぎやかに。
会場には、塩竈市長の佐藤昭さんもお見えになっていました〜

大きなブルーシートが5枚敷かれたエスプホール内の各所には新聞紙の束と、段ボールの山。
再生紙の原料でもある両者を用いて、もう一度、「木」をつくろう!というのが、今回のテーマでした。

現代美術家として、仙台を拠点に活動されている増子さんは、竹や紙など、ある素材を多数用いてインスタレーションを発表しています。
今回の新聞や段ボールといった素材も、増子さんにとって得意分野ともいえるとか。
ある程度、作家側が手順だったり、アイディアを準備してはいるものの、ワークショップは、制作行程や協調性を尊重するのが第一!

そんなわけで、「再生紙で木をつくろう!」ワークショップは参加児童のパワーと発想がリードし、かなり、創造豊かなオブジェ化した「木」が完成しました!新聞紙を丸めたものを「木の実」としたり、木の葉の形にカットした段ボールを紐に吊るして飾ったり、次から次へと湧き出るアイディアに、参加児童も大忙しでした。

講師の増子さんと、サポーターの菅原さん、篠塚君は巨大化する再生紙の木を見守りつつ、児童のみなさんと楽しい時間を過ごしました〜〜
タイムアップの11時半には、完成したみんなの木に思い思いに命名し、使用しなかった新聞紙や段ボールはまた再利用してもらえるように、皆で仕分けしました。

塩竈市は、ゴミの仕分けが決められているせいか、児童のみんなの手際もとても素早かったのが印象的。
しかも、丁寧に仕分けする姿に「再利用」に対するあたたかな姿勢が垣間みれました〜〜。
完成した木は、数日間、エスプホール前に展示されるようです。
一見、「これは、木??」と思っちゃうかもしれませんが、笑、児童が思いを込めて制作した、立派な木です!!
私たちが認識する「木」以上のものが出来上がり、講師の増子さんも感激されていました〜〜

次は、12/3、塩竈市立第一小学校で行われる安達純子さんによるワークショップ「マイワールド x 52人」です。
12/6(土)にビルドスペースで行う佐藤真美さんのワークショップは、一般参加ですので、ご興味がある方は、ご連絡ください*
お問い合わせ>022-366-5817(ビルドスペース)

Comments are closed.