芸銀08 x 飛び出すビルド!講師 岡沢幸さん@名取市増田西公民館

12/14(土)、飛びだすビルド!でも馴染み深い名取市増田西公民館にて岡沢幸さん講師でワークショップを実施しました。

【日時】2008年12月14日(日)9:30-11:30
【場所】名取市増田西公民館
【内容】等身大の自分を描こう
【担当】岡沢幸 【サポーター】大沼、高田、長、橋本
【写真】高田

公民館の和室にブルーシートを敷き、準備万端。
カラフルな色画用紙を選び、講師・岡沢さんを筆頭に、サポーターらで児童の等身大の姿をカラフルな模造紙に描いていきました。
ポーズに戸惑いながらも、ちょっと楽しげな児童らに一安心。やはり、地域により児童の特徴もさまざま。
名取増田西公民館でワークショップに参加する児童は、吸収力抜群!かつ集中力のあるみなさんでした。

う〜〜ん?とうなりながらも、必死に自分の姿を想像したり、観察しながらクレヨンと絵の具を用いて描いていきました。

出だしは、やはり照れくさいのか、なかなか自分の姿を描こうとしなかった高学年のボーイズたちでしたが、集中モードに入った元気のよい彼らの手は
ぐんぐん洋服を仕上げ、髪の毛を仕上げ、、、顔を仕上げていきました。
お気に入りのジーンズの刺繍やパーカーのポケット、ロゴを丁寧に仕上げる姿には感動してしまいます。
今回は、サポーターに大沼さん、長さん、橋本さんと高田が入りました。
集中している参加児童を見守りながら、なかなか手が進まない人にアドバイスをあげたり色作りを手伝って頂きました〜

1時間半ほどの作業時間をあっという間に過ごしてくれた児童のみんなに感謝&拍手!!
一枚一枚、個性が輝く「等身大の自分」になっていました=。

絵を描く作業というのは、実は制作作業の中でも協同し難いものだったり。一生懸命描こうとする児童に声をかけるタイミングは繊細。
手が進んでいないけど、実は考えているかもしれない、、、
迷いながらも、時間をかけて作業する児童の姿からサポーター自身もいろいろ学ばせられました。

仕上がった作品のどれもが、描いた自身の特徴をつかんでいたので、講師・岡沢先生の「よく描けているね〜〜」のコメントに参加児童のみんなも喜んでいましたー。
本当に、丁寧に描いている児童のみんなの姿に感動してしまいました。ぜひ、この時描いた等身大の自分の姿を記念にとっておいてほしいです。
高校生になったときにでも、眺めてみると心にぐっとくるメッセージが自分から受け取ることができるかもしれませんね。
岡沢さん、そしてサポーターの皆さん、おつかれさまでした!

Comments are closed.