宮城県芸術銀河2015美術ワークショップ
「はじめての墨画〜墨画でバラを描こう〜」

墨を磨って、基本の筆使いを練習し、墨と水による濃淡やにじみを使ってバラやコスモスなど花を描いてみましょう。
初めての方でも親しめる墨画です。

日時 2016年2月21日(日)14:00-16:00
場所 東松島型地域住宅モデルハウス つながるYeah !
   東松島市矢本字下浦196-1

講師 一関恵美

対象 小学生以上
参加無料

宮城県芸術銀河2015美術ワークショップ
「木版画でブックカバーをつくろう」

大崎市民ギャラリーにて開催する第45回世界児童画展内にて、
様々な版木を組み合わせ、多色刷りでオリジナルのブックカバーを作ります。

日時 2016年1月23日(土)10:00-12:00
場所 大崎市民ギャラリー緒絶の館
   大崎市古川三日町1-1-1
TEL 0229-21-1466

対象 小学生以上 先着20名
   汚れても良い格好でご参加ください

講師 小野智香

参加無料

宮城県芸術銀河2015美術ワークショップ
みんなでつくろう!「ぱくぱくパペット」

はだかんぼうのパペットに色々な飾り付けをして、参加者一人一人オリジナルのパペットをつくります。
パペット用のバッジを自分でデザインしレーザーカッターで加工したり、3Dプリンタでつくったパーツを組み合わせてデコレーションを楽しみます。

日時 2016年1月11日(月・祝)
    1回目10:30〜12:00 2回目13:30〜15:00
対象 5歳〜大人まで 店員12名(午前6名、午後6名程度)
所要時間 1時間〜1時間半程度
会場 FabLab SENDAI – FLAT
仙台市青葉区一番町2−2−8 IKIビル4F−1
※参加無料

講師
小野寺志乃
1989年宮城県仙台市生まれ。宮城大学事業構想学部卒業、慶応義塾大学政策・メディア研究科修了。一般社団法人FLAT代表理事、FabLab SENDAI-FLATマネージャー、NPO法人CANVASフェロー。現在は、地域独自の素材や伝統工芸をベーストしたものづくりについての研究や普及活動に取り組んでいる。

宮城県芸術銀河2015美術ワークショップ
【かるたワークショップ】巨大絵札をつくろう

塩竈市杉村惇美術館開館一周年記念特別企画展「杉村惇・修練の軌跡スケッチ展 ―塩竈時代を中心に」の関連企画として、かるたワークショップを行います。
戦後間もなく制作され、俳人・杉村顕道と洋画家・惇兄弟による合作『宮城縣郷土かるた』に思いをはせながら、現代版『宮城縣郷土かるた』を巨大な台紙でつくり、大講堂でかるた大会(H28.1.9)を行います。

「絵札をつくろう」では、大講堂でさまざまな宮城の句から巨大絵札をつくります。

2015年12月26日(土) ①9時~12時 ②13時~16時
講師:画家・浅野友理子
参加費:無料 ※要事前予約
会場:大講堂
WEB予約:http://goo.gl/forms/MrrkwAzU5O

画家・浅野友理子(あさのゆりこ)
1990年、宮城県多賀城市生まれ。2015年、東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程修了。現在、山形県在住。風土に寄り添うように暮らす人々、各地に根付く生活文化に惹かれ、制作の主題としています。訪れた場所での自身の体験を大切にしながら、その地の魅力が伝わるような力強い絵を描いていきたいと考えています。これまでに、山間地域の木の実食文化を描いた「トチの実」のシリーズがあります。現在はここ塩竈の海辺の暮らしについて学んでいます。
【かるたワークショップ】巨大絵札をつくろう
塩竈市杉村惇美術館開館一周年記念特別企画展「杉村惇・修練の軌跡スケッチ展 ―塩竈時代を中心に」の関連企画として、かるたワークショップを行います。
戦後間もなく制作され、俳人・杉村顕道と洋画家・惇兄弟による合作『宮城縣郷土かるた』に思いをはせながら、現代版『宮城縣郷土かるた』を巨大な台紙でつくり、大講堂でかるた大会(H28.1.9)を行います。

「絵札をつくろう」では、大講堂でさまざまな宮城の句から巨大絵札をつくります。

2015年12月26日(土) ①9時~12時 ②13時~16時
講師:画家・浅野友理子
参加費:無料 ※要事前予約
会場:大講堂
WEB予約:http://goo.gl/forms/MrrkwAzU5O

画家・浅野友理子(あさのゆりこ)
1990年、宮城県多賀城市生まれ。2015年、東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程修了。現在、山形県在住。風土に寄り添うように暮らす人々、各地に根付く生活文化に惹かれ、制作の主題としています。訪れた場所での自身の体験を大切にしながら、その地の魅力が伝わるような力強い絵を描いていきたいと考えています。これまでに、山間地域の木の実食文化を描いた「トチの実」のシリーズがあります。現在はここ塩竈の海辺の暮らしについて学んでいます。

みんなでつくろう!『ぱくぱくパペット』】
null

はだかんぼうのパペットに色々なかざりつけをして、参加者一人一人オリジナルのパペットをつくります。
パペット用のバッジを自分でデザインしレーザーカッターで加工したり、3Dプリンタでつくったパーツを組み合わせてデコレーションを楽しみます。

日時 2016年1月11日(月・祝)
   ①10:30〜12:00/②13:30〜15:00

対象:5歳〜大人まで(定員12名/午前6名、午後6名程度)

所要時間:1時間〜1時間半程度
会場:FabLab SENDAI – FLAT
   仙台市青葉区一番町2-2-8 IKIビル4F-1

お申し込みはこちらのフォームから(参加無料)
http://goo.gl/forms/2hpb58Vq2w

講師プロフィール
小野寺志乃
1989年宮城県仙台市生まれ。宮城大学事業構想学部卒業、慶応義塾大学政策・メディア研究科修了。一般社団法人FLAT代表理事、FabLab SENDAI- FLATマネージャー、NPO法人CANVASフェロー。現在は、地域独自の素材や伝統工芸をベースとしたものづくりについての研究や普及活動に取り組んでいる。

宮城県芸術銀河2015美術ワークショップ
【絵に飛び込んでおもしろ写真を撮影しよう】

様々な素材を使って画用紙に一枚の絵を描き、プロジェクターに投影した絵に自分自身も飛び込んでおもしろ写真を撮影しよう!

写真は、季節のグリーティングカードとして家族や友人に送ったり、2015年を締めくくる思い出写真にしたり。
希望者には、当日データで画像をお渡しいたします。
(*出来た写真は後日郵送でお送りします)

ぜひぜひお気軽にご参加ください☆

日時 2015年12月26日(土)
   14:00-15:30
場所 七ヶ浜国際村

講師 大江玲司

以下のフォームよりお申し込みください(参加無料)
http://goo.gl/forms/DaNqwzmDyI

講師プロフィール
大江玲司
1984年宮城県塩釜市出身
日本写真芸術専門学校を経て、六本木STUDIO MOURISでアシスタントフォトグラファーとして勤務。2006年より宮城に戻り、フリーランスフォトグファーとして東北・関東圏で活動中。

紐を引くと手足を上下にパタパタと動かせるドイツ壁掛け人形「ハンペルマン」。

人気画家の菅野麻衣子さんを講師にお招きし、サンタクロースや家族をかたどったり、クリスマス飾りとしてハンペルマンづくりを楽しみませんか?

色鉛筆フェルト、シールなどで人形の顔を描いたり、子どもから大人までそれぞれのデコレーションを楽しめます。

講師:菅野麻衣子(画家)

会場は、松島湾を一望できる「ル ロマン」1階のパノラマハウスです。

島町松島字犬田10の174(※カフェロマン1Fスペース)

C家やモミの木などの木版を、クリスマスカラーで刷ってブックカバーをつくりました。版の組み合わせや配置の仕方で、個性豊かなブックカバーが出来上がりました。
カバーサイズはA5~文庫本まで折りたためます。

講師:小野智香(版画家)

※「たがさぽのクリスマス雑貨市」内にてワークショップを実施

参加無料





ダンス・お絵描き・クイズの要素を取り入れた多人数参加型ワークショップをふれあいエスプにて行います。
参加ご希望の方は、エスプまでご連絡ください。

「ダンスでクイズ」
日時 2014年1月19日(日)10:00~12:00 

場所 ふれあいエスプ塩竈 学習室1

対象 小中学生(高校生も可)

講師 段家亜紀子

わくわくワンダースクール
「きおくスケッチ~TANeFUNe宝箱に浦戸の記憶をのせよう~」

日本海を航海して出会った人々の思いや記憶を積め込み、今年、太平洋側の浦戸へやってきたTANeFUNe(タネフネ)!
浦戸で過ごした3日間により、児童たちの心には新たな記憶が積め込まれています。そんな彼らの浦戸の記憶をスケッチし、タネフネにのせて運んでもらいます。

[日時] 2013年8月4日 [場所] 野々島・船着き場~海上
[対象人数] 30名 小3~6年生
[講師]  TANeFUNe船長・喜多直人、飛びだすビルド!(大沼剛宏、篠塚慶介、高田彩、相原綾乃)

[お問い合わせ先]
NPO法人High-Five(担当:三浦)
TEL/FAX : 022-364-6566(電話受付 9:00 ~ 20:00)
Eメール : high.five.shiogama@gmail.com
HP : http://npo-high-five.jimdo.com/

<TANeFUNeと船長について>
喜多 直人(きた なおと)写真家、石川県金沢市出身
去年のTANeFUNeでの舞鶴から新潟までの81日間の航海では、船長の補佐として同行。
今年は宮城県松島湾にて船長として活動している。

『TANeFUNe』は、全国各地で行われている朝顔の種を運ぶ『明後日朝顔プロジェクト』から、「種が土地や植物の記憶を運ぶ<乗り物>であるように、船が物流・交易の要となって土地を運び、人々の思いや記憶を運ぶ」という着想を得て、京都・舞鶴の市民とアーティスト日比野克彦さんにより、朝顔の種の形を模した「船」を創作するプロジェクトがスタートしています。
TANeFUNe(タネフネ)は、このプロジェクトから完成した朝顔の種の形をした自走船のことです。2012年5月から8月にかけて、京都府舞鶴市から新潟県まで81日間をかけて、約970kmを航海しました。時速約13kmで進むタネフネは、日本海沿岸の港を沿うように進み、合計35港に立ち寄りながら地域と地域を繋いできました。

2013年に、浦戸湾へやってきたタネフネは浦戸湾を走行。海の繋がりの視点から新たな価値観を創造し、「水域文化」を構築していくプロジェクトとして走り続けています。