多賀城・高橋公園仮設住宅の住民の皆さんと対話されている復興応援団の橋本さんからお声がけ頂き、4/22(日)多賀城の高橋公園仮設住宅にて「表札づくり」ワークショップを実施しました。今回の担当講師は篠塚くんと大沼くん。サポーターは大林さん、アスカちゃん、高田が参加しました。復興応援団チームのサポートも頂きながら、2時間で完成できるワークショップ構成。お名前によっては、かなり複雑なカットを強いられましたが、それでも皆さんの忍耐力と器用さで素敵な仕上がりに★ カラーコンビネーションを工夫される方、お好きなバイオレット色を選ばれる方、、、自分の名字を彩る作業も楽しんでいただけました。
こワークショップの一部の模様は、5/9東日本放送「立ち上がろう!宮城のチカラ」にてご紹介される予定です。高橋公園仮設住宅の積極的に取り組みをぜひご覧下さい*


奥州一宮の鹽竈神社における早春の神事が、日本三大荒神輿と呼ばれる鹽竈神社帆手祭です。元々は正月の神輿洗神事で、火伏祭として始まったそうですが、海にゆかりのある「帆手祭(ほてまつり)」と呼ばれるようになり、現在では厄除け、繁栄も祈念して、神輿が市内を御神幸しています。今年も3月10日に行われますが、震災から1年ということもあり、通常の神輿渡行に加え、神社表坂下や本町、JR本塩釜駅等に、被災住民等が復興への思いを絵や文字で描いた置き燈籠を設置することになりました。
そこで、飛びだすビルド!も版画家・岡沢幸さんと共に、イボイシステーションの皆さんと「ふるさと」をテーマに燈籠づくりにご協力。
イボイシステーションの皆さんの置き燈籠は、JR本塩釜駅前に設置される予定です。ぜひとも3/10、温かな灯りに照らされる皆さんの思いをご覧頂ければと思います。

日時 2012年3月10日(土)18:30-20:00
場所 置き燈籠 神社表坂下、本町、JR本塩釜駅
※帆手祭の詳細は鹽竈神社のHPをご確認ください。


ハコビ企画者のアーティスト中島佑太くんも一緒に香津町保育所の阿部いとこ所長へチャリティー文具をお届けしました。おぉ~~っと、こどもたちが大喜びでお迎え☆阿部所長さんから児童館などにもお届け頂く予定です。

震災直後、飛びだすビルド!が取り組んでいた「被災地のこどもたちに文房具を届けよう」という支援活動。全国から沢山文房具が届き、3-4月は宮城県内の保育所や避難所などへ 文房具や画材、絵本などをお届けしていました。一度にすべてを配るのではなく、3-4月に配布した文房具などが使い切る頃に、もう一度タイミングをみてお配りしたいねと考え、少しずつ、保育所や施設にお届けしていました。そしてチャリティー文具の在庫わずかとなった年明けに、保育士さんたちへチャリティー文具のお渡しウィークを設けさせて頂きました。
先生たちが活用するシャープペンの芯やメモ帳、消しゴム、画用紙など、お声がけさせて頂いた保育所や保育園の先生方に喜んで頂きました*

以上を持ちまして、飛びだすビルド!でお預かりした文房具すべてを、被災地のこどもたち、そして子どもたちを支える保育士さんたちにお届けすることができました。こちらをもってご報告とさせて頂きます*

ご協力頂きました全国のみなさま、本当にありがとうございました*


使用済みクレヨンを再生し、新たなクレヨン「ABCクレヨン」として再登場!
企画提案は、デザイナーの篠塚くん。制作は篠塚くんの指導のもと、アスカちゃん&高田が担当しました★
只今開催中のプラスR@クラックスビル3Fにて販売中です。アルファベットを並べてお気に入りの言葉を作ったら、ぜひ描いて遊んでくださいね☆

浦戸諸島から戻ったアスカちゃんたちと合流し、高田も塩竈市今宮町にある仮設住宅へHAPPY CAPとメッセージカードをひっそりお届け♥ 心あたたまることに、扉には他のサンタからのプレゼントもぶら下がっていました。たくさんの大切なものを失い、いくら贈り物をしてもきっと満ち足りないかもしれないけれど、「I’m thinking of you」の気持ちをお届けしたくて、「I’m with you」と感じてもらえるように、想いを込めて、塩竈市内のメッセージカードお届けを完了しました。
very merry christams to you all.


クリスマス企画としてイボイシステーションで行った「いたずらサンタのメッセージカードづくり」。担当講師は、篠塚くんとアスカちゃん。クリスマス前日の早朝に浦戸に定期船で渡り、HAPPY CAPと共にお届けしました。

まだまだ震災の傷跡が生々しく残る浦戸諸島。みなで何度も通った浜辺は現在も痛々しい姿です。
浦戸諸島は、塩竈本土からは約30~40分の距離な島。桂島にはボランティア団体の行き来もあるそうですが、本土から距離のある寒風沢島にはボランティアが少ないそうです。引き続き、どうぞ浦戸諸島へのご支援をよろしくお願いします。

平間さんチームと一緒にイボイシステーションにてクリスマス会を開催しました。日中は、飛びだすビルド!によるワークショップ。今回は、アスカオリ(佐藤明日香&臼田香織)による「鼻めがね」ワークショップと、デザイナー篠塚くん企画の「いたずらサンタのメッセージカード」を集会所にて実施。
クリスマスの気分を高める鼻めがねをつくったら、そのめがねをかけて、メッセージカードづくり。サンタになりきって温かなメッセージをサプライズプレゼントしよう!という内容です。メッセージカードは伊保石仮設住宅の全戸の扉に、そ~~っとお届け。大人のみなさんに見つからないように~~と、サンタになりきる様子がとっても印象的でした☆ このメッセージカードは、塩竈市今宮町にある仮設住宅と、浦戸諸島にある仮設住宅にも後日お届けです。

※伊保石仮設住宅・集会所内に飾られたクリスマスツリーは、POWER OF LIFEから贈られました♥


12/23に伊保石仮設住宅で実施する「いたずらサンタのメッセージカード」の下準備作業をアスカちゃんと篠塚くんと。
色画用紙は、チャリティー文具で全国から集まった画用紙を使用しています。本当にありがたいです。
12/23のワークショップでは、伊保石の子どもたちに参加していただき、サンタになりきって、メッセージカードのプレゼントをつくり、そ~~っと玄関先にお届けするという内容です。塩竈市内の仮設住宅約200戸にお届けするので、画用紙をブーツ型にカットして、毛糸をつけて・・・。ストーブあったか♪の篠塚くんのアトリエで、焼きリンゴのおやつを頂きながらの、楽しい作業でした☆ 
23日の伊保石仮設住宅でのクリスマス会が あったかな時間でありますように♥