わくわくワンダースクール
「きおくスケッチ~TANeFUNe宝箱に浦戸の記憶をのせよう~」

日本海を航海して出会った人々の思いや記憶を積め込み、今年、太平洋側の浦戸へやってきたTANeFUNe(タネフネ)!
浦戸で過ごした3日間により、児童たちの心には新たな記憶が積め込まれています。そんな彼らの浦戸の記憶をスケッチし、タネフネにのせて運んでもらいます。

[日時] 2013年8月4日 [場所] 野々島・船着き場~海上
[対象人数] 30名 小3~6年生
[講師]  TANeFUNe船長・喜多直人、飛びだすビルド!(大沼剛宏、篠塚慶介、高田彩、相原綾乃)

[お問い合わせ先]
NPO法人High-Five(担当:三浦)
TEL/FAX : 022-364-6566(電話受付 9:00 ~ 20:00)
Eメール : high.five.shiogama@gmail.com
HP : http://npo-high-five.jimdo.com/

<TANeFUNeと船長について>
喜多 直人(きた なおと)写真家、石川県金沢市出身
去年のTANeFUNeでの舞鶴から新潟までの81日間の航海では、船長の補佐として同行。
今年は宮城県松島湾にて船長として活動している。

『TANeFUNe』は、全国各地で行われている朝顔の種を運ぶ『明後日朝顔プロジェクト』から、「種が土地や植物の記憶を運ぶ<乗り物>であるように、船が物流・交易の要となって土地を運び、人々の思いや記憶を運ぶ」という着想を得て、京都・舞鶴の市民とアーティスト日比野克彦さんにより、朝顔の種の形を模した「船」を創作するプロジェクトがスタートしています。
TANeFUNe(タネフネ)は、このプロジェクトから完成した朝顔の種の形をした自走船のことです。2012年5月から8月にかけて、京都府舞鶴市から新潟県まで81日間をかけて、約970kmを航海しました。時速約13kmで進むタネフネは、日本海沿岸の港を沿うように進み、合計35港に立ち寄りながら地域と地域を繋いできました。

2013年に、浦戸湾へやってきたタネフネは浦戸湾を走行。海の繋がりの視点から新たな価値観を創造し、「水域文化」を構築していくプロジェクトとして走り続けています。


仕事に一心に没頭する時間は、楽しみと癒しの時間となります。昨年の仙台七夕に鹿児島県姶良市より提供され譲り受けた「日本一孟宗竹」で塩釜伊保石仮設住宅イボイシステーションの住民の皆さんとキャンドルスタンドを制作しました。多くの人々の祈りが込められた竹に、思いを込めて新たな役割を与え、神の社に灯りを灯すー。
この課程に関わった全ての人々と、来場者の心をつなぎ、想いが広がることを願いながら、鹽竈神社を舞台に開催された「しおがまさま神々の月灯り」にて孟宗竹キャンドルを展示させて頂きました。

企画 飛びだすビルド!のワークショップ、Dream Design
制作 塩釜伊保石仮設住宅イボイシステーションの皆さん
協力 えぜるプロジェクト

昨年の仙台七夕で飾られた孟宗竹を復興へ役立てられたらと譲り受けた孟宗竹で、塩竈伊保石仮設住宅の皆さんと一緒に「しおがまさま神々の月灯り」へ飾るキャンドルスタンドを制作しました。

ものづくりの楽しみはもちろんのこと、市内で開催されるイベントに住民の皆さんと参加する意味合いを込め、手先が不自由な住民の皆さんでも簡単に制作できるコラージュ方式で、キャンドルの光が灯る部分を装飾。丸と三角をベースに存在感のあるキャンドルスタンドを完成させました。
コラージュ部分をあえて取り外し可能にすることで、展示後、お花を生けたり、キャンドル立てに使用したり、各自自由に活用できるようにしています。

今回9月28-29日に鹽竈神社で開催される「しおがまさま神々の月灯り」にてキャンドルスタンドは展示予定です。

2010年から、飛びだすビルド!のワークショップもイベントチラシの作成でご協力させて頂いているMiyagi St.Baldrick’s day.

宮城セント・ボールドリックス・デーは、小児がん撲滅のためのチャリティーイベントです。
抗がん剤で髪が抜けてしまう子どもの気持ちを想い、主催者や参加者が髪を丸刈りにするパフォーマンスを行い、寄付を集めます。
世界28カ国で開催され、日本では初めて仙台のALT(小・中学校の外国語指導助手)が2年前に開催しました〜!
今年の飛びだすビルドも告知チラシのお手伝いをさせていただきました。

今回のワークショップ参加者は、小児癌から回復した青年や、お子さんが小児癌と闘ったり、お子さんを亡くされたご家族。
昨年同様、参加者のみなさんに、本イベントのキャラクターであるボールドリックス君に
布紙やリボン等でコラージュして頂き、フライヤーデザインの素材をつくって頂きました。

両面装飾可能なつくりなので、色のバランスや素材感をいかしながら
明るい、そして輝きあるボードリックス君が完成!!
これらは、デザイナーの篠塚くんによりフライヤーの一部として登場いたします*

ぜひ、お楽しみに!!

そして、肝心のイベントのご案内です♪

3回目となる今年は、子ども向けのイベント「キッズ・カーニバル」の部を初めて開催します。
「ライブ・コンサート」と共に、同日開催。楽しみも二倍になったイベントということです〜!
※イベントの収益金は、アメリカのセント・ボールドリックス基金を通し、
 すべてCCAJ((財)がんの子どもを守る会)に寄付されます。

◆「KIDS’ CARNIVAL!」キッズ・カーニバル(親子向けのお祭り)◆
時間:16:30~19:00(開場:16:00~)
会場:エル・パーク仙台ギャラリーホール (L-Park Sendai Gallery Hall)
内容:マジックショー、タオル帽子作りワークショップ、アイルランドダンス、紙芝居、駒回し、フェイスペインティング、ゲーム、音楽コンサート等
参加費:20歳以上1,000円、19歳以下500円※5歳以下は無料
対象:主に小中学生以下の子どもとそのご家族。または関心のある方はどなたでも!

◆「LIVE CONCERT!」ライブ・コンサート◆
時間:18:15~21:00(開場:18:00~)
会場:エル・パーク仙台スタジオホール (L-Park Sendai Studio Hall)
内容:アイルランド音楽、フォーク、ロック、レゲエ等のバンド演奏、丸刈りパフォーマンス等
※東京から仙台初出演決定!「The Black Ships」http://www.theblackships.jp
参加費:20歳以上2,000円、19歳以下1,000円※5歳以下は無料
※キッズ・カーニバル参加の方は、受付で半券を提示すると割引に!
20歳以上1,000円、19歳以下500円※5歳以下は無料
対象:どなたでも
申込方法:予約不要。当日直接会場にお越しください。
※宮城セント・ボールドリックス・デーでの収益金は、全てChildrens’ Cancer Association of Japan (CCAJ)に寄付されます。

<お金を寄付する>
イベントには行けないけど、協力したい!という方は、是非募金にご協力ください。
1円からでも大歓迎!下記口座までお振込ください。
七十七銀行(シチジユウシチギンコウ)
上杉支店(カミスギシテン)
口座番号:普通5260353
口座名義:St. Baldricks
(セント.ボールドリツクス)

※イベント、ボランティア、募金等すべてに関してのお問合せ・お申込みは、下記までお気軽にご連絡ください。
主催:宮城セント・ボールドリックス
連絡先:Eメール:miyagistbaldricks@gmail.com
TEL:080-3190-9130 (日本語・English OK)
URL: http://www.miyagistbaldricks.com
twitterURL:http://twitter.com/MiyagiBaldricks
mixiURL:http://mixi.jp/view_community.pl?id=5421662

12/2からスタートするSENDAI 50 DOORSのオープニングレセプションが
せんだいメディアテーク1Fにて行われました*

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
クリスマスびっくり箱づくり
講師 高田彩、アスカオリ(臼田香織、佐藤明日香)、松村翔子
12月2日(木)16:00 – 19:00
随時参加可能
入場無料
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

飛びだすビルド!は、オープニングワークショップとして
参加無料で実施!
思いのこもったプレゼントを入れる箱。
純粋な箱じゃなくて、ちょっとサプライズ付の箱もいいですよね*
ということで、びっくり箱の仕掛けを加えた「クリスマスびっくり箱づくり」です。

材料は、ゴールドやシルバーに彩られた貝殻や石、松ぼっくりやクリスマスカラーのニットポンポン。
薄めたボンドを塗って紙のようにパリパリになった布やユニークなペーパー類と盛りだくさんです。

参加者のみなさんも、ひと工夫された材料に目を輝かせておりました♥

日頃眠っている創作意欲や創造性が、見る見るうちにわきあがり
みなさんとっても個性的&クリスマシーなびっくり箱を完成させていました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました★
ぜひ、今年のクリスマスプレゼントは、ひと工夫してプラスαの思いを加えてみてくださいね

SENDAI 50 DOORSは、12/2から12/23までです。
ぜひ、ユニークなラインナップのワークショップ講座に参加してみてください〜

詳細は、こちらから
http://www.sendaidoors.net/2010/gaiyo.html
————————————————————————————————————————
SENDAI 50 DOORSは・・・
盛りだくさんの体験型講座にワンコイン( 500 円 )で誰でも気軽に参加できる「見本市」です。
古典芸能からポップカルチャー、最新アートなどの「一度やってみたかった」と思うような多彩な
体験型講座を一同に集め、「選ぶ」「体験する」楽しさを提供する文化のお祭 りです。

バーチャル化が進む現代社会。私たちの暮らしは便利になる一方で、人と人とがふれある機会は
とても少なくなりました。そんな今だからこそ、「文化は人がつくる」をコンセプトに
「ライブコミュニケーションの場」を提供したいと立ち上がりました。
「体験」を通じて、世代・ジャンル・国境を超えた人々が
未来へのアクションを起こすきっかけ「文化創造への扉」が、この「DOORS」(ドアーズ)です。
SENDAI 50 DOORSより)
————————————————————————————————————————

【中山幼稚園ワークショップ】
かけがえのない幼児期だから、ひとりひとりにとって、大切な時間になってほしい・・・。
第一弾は、2008年に閉校してしまう仙台市青葉区の中山幼稚園へ、飛びだすビルド!が出張ワークショップをします。

【期間】年に5回 (2007年5月/6月/8月/11月/2月)

本日より一年にわたり、飛びだすビルド!のワークショップ中山幼稚園編がスタートしました!今日の担当は、高田彩でした。
スタッフとして、大江玲司さん、すがわらじゅんいちさんも幼稚園にてワークショップを一緒に実施しました!

第一回目の内容は、「きぼうのとりにおもいをこめて」と題し、ビルドバルーンを園児のみなさんと作りました。
ワークショップのご報告は、追って画像を加えて致します〜〜!
園長先生、なおこ先生をはじめとする先生の方々!ありがとうございました。

そして、思いを込めたワークショップをお届けしますので宜しくお願い致します〜〜!

【希望の鳥に思いを込めて、ぽんぽんっ羽ばたかせよう!】
【テーマ】
鳥は平和の象徴であり、鳥が飛ぶ空は晴天であり、鳥が飛んでいる光景には、希望が満ちています。
ふうせん型の折り紙の鳥に新学期の抱負、または将来の夢を描き、願いを込めてその鳥をぽんぽんッと手のひらで羽ばたかせます。
これは、鳥が羽ばたくように、自分が思い描く夢を自らの手で羽ばたかせることを意図とするイメージトレーニングのワークショップです。親しみある折り紙を完成させるように「思い描く夢を、自らの手で形作ること」を楽しみながら体験します。

【対象】中山幼稚園 園児のみなさん(15名程度)
【概 要】
所要時間:1時間程度
開催場所:屋内
具体的な内容:
1. 見本の「希望の鳥」を参考に、折線のある紙に自分の鳥を描きます。もしくは、配布する「希望の鳥」を利用します。
2. 裏面に新学期の抱負、または将来の夢を言葉で書きます。
3. 表面の「希望の鳥」もしくは描いた鳥を、抱負や将来の夢をイメージして色を塗ります。
4. 折線に沿って折、ふうせん型の「希望の鳥」を作ります。
5. そして希望や夢を実現させることを、心でイメージし「希望の鳥」をポンポンっと思いを込めて遊びましょう。
創造的に発想し創作する行為を通し、将来を思い描き、そして実現する心を育てます。将来に願いを込め、独自に発想することや挑戦することを純粋に「楽しい」と感じられる若者の育成を目的とします。
【用意するもの/参加時の服装】

服装は自由。用意するもの:色鉛筆、極細ペン、鉛筆等の文具等。作業台