東北工業大学新井信幸研究室による「仮設カスタマイズお助け隊」、えぜるプロジェクト、飛びだすビルド!、そして写真家熱海俊一さん&ブレインワークスチームで、11/3の文化の日に、塩竈市・伊保石仮設住宅住民のみなさんと一緒に、カフェタイムを楽しみながら縁台や棚作りを行いました。
これはお茶飲み会で聞こえてきた「収納スペースを増やすため棚が欲しい」という声を実現化したものです。学生さんや大工さんたちのご協力のもと、大工仕事が得意な住民の方と一緒に、集会所に設置する縁台等を制作。出来るだけ、住民のみなさん同士で今後大工作業を行っていけるようにと、集会所の前にカフェスペースを設け、日当りのよい中、美味しいコーヒーを飲みながら、大工作業を見守ったり、情報交換を行いました~。
今回は、えぜるの山田さんが主に木材を手配し、カスタマイズお助け隊が制作担当、ビルドと熱海さん&ブレインワークスはカフェコーナーを担当。天気にも恵まれ、いつも以上に集会所前が賑やかになりました☆
この日完成できなかったリクエストは個別対応することに。後日、大工さんのご協力のもと、棚や神棚制作を行うことになっています。