浦戸諸島から戻ったアスカちゃんたちと合流し、高田も塩竈市今宮町にある仮設住宅へHAPPY CAPとメッセージカードをひっそりお届け♥ 心あたたまることに、扉には他のサンタからのプレゼントもぶら下がっていました。たくさんの大切なものを失い、いくら贈り物をしてもきっと満ち足りないかもしれないけれど、「I’m thinking of you」の気持ちをお届けしたくて、「I’m with you」と感じてもらえるように、想いを込めて、塩竈市内のメッセージカードお届けを完了しました。
very merry christams to you all.


クリスマス企画としてイボイシステーションで行った「いたずらサンタのメッセージカードづくり」。担当講師は、篠塚くんとアスカちゃん。クリスマス前日の早朝に浦戸に定期船で渡り、HAPPY CAPと共にお届けしました。

まだまだ震災の傷跡が生々しく残る浦戸諸島。みなで何度も通った浜辺は現在も痛々しい姿です。
浦戸諸島は、塩竈本土からは約30~40分の距離な島。桂島にはボランティア団体の行き来もあるそうですが、本土から距離のある寒風沢島にはボランティアが少ないそうです。引き続き、どうぞ浦戸諸島へのご支援をよろしくお願いします。

平間さんチームと一緒にイボイシステーションにてクリスマス会を開催しました。日中は、飛びだすビルド!によるワークショップ。今回は、アスカオリ(佐藤明日香&臼田香織)による「鼻めがね」ワークショップと、デザイナー篠塚くん企画の「いたずらサンタのメッセージカード」を集会所にて実施。
クリスマスの気分を高める鼻めがねをつくったら、そのめがねをかけて、メッセージカードづくり。サンタになりきって温かなメッセージをサプライズプレゼントしよう!という内容です。メッセージカードは伊保石仮設住宅の全戸の扉に、そ~~っとお届け。大人のみなさんに見つからないように~~と、サンタになりきる様子がとっても印象的でした☆ このメッセージカードは、塩竈市今宮町にある仮設住宅と、浦戸諸島にある仮設住宅にも後日お届けです。

※伊保石仮設住宅・集会所内に飾られたクリスマスツリーは、POWER OF LIFEから贈られました♥


12/23に伊保石仮設住宅で実施する「いたずらサンタのメッセージカード」の下準備作業をアスカちゃんと篠塚くんと。
色画用紙は、チャリティー文具で全国から集まった画用紙を使用しています。本当にありがたいです。
12/23のワークショップでは、伊保石の子どもたちに参加していただき、サンタになりきって、メッセージカードのプレゼントをつくり、そ~~っと玄関先にお届けするという内容です。塩竈市内の仮設住宅約200戸にお届けするので、画用紙をブーツ型にカットして、毛糸をつけて・・・。ストーブあったか♪の篠塚くんのアトリエで、焼きリンゴのおやつを頂きながらの、楽しい作業でした☆ 
23日の伊保石仮設住宅でのクリスマス会が あったかな時間でありますように♥