わくわくワンダースクール
「きおくスケッチ~TANeFUNe宝箱に浦戸の記憶をのせよう~」

日本海を航海して出会った人々の思いや記憶を積め込み、今年、太平洋側の浦戸へやってきたTANeFUNe(タネフネ)!
浦戸で過ごした3日間により、児童たちの心には新たな記憶が積め込まれています。そんな彼らの浦戸の記憶をスケッチし、タネフネにのせて運んでもらいます。

[日時] 2013年8月4日 [場所] 野々島・船着き場~海上
[対象人数] 30名 小3~6年生
[講師]  TANeFUNe船長・喜多直人、飛びだすビルド!(大沼剛宏、篠塚慶介、高田彩、相原綾乃)

[お問い合わせ先]
NPO法人High-Five(担当:三浦)
TEL/FAX : 022-364-6566(電話受付 9:00 ~ 20:00)
Eメール : high.five.shiogama@gmail.com
HP : http://npo-high-five.jimdo.com/

<TANeFUNeと船長について>
喜多 直人(きた なおと)写真家、石川県金沢市出身
去年のTANeFUNeでの舞鶴から新潟までの81日間の航海では、船長の補佐として同行。
今年は宮城県松島湾にて船長として活動している。

『TANeFUNe』は、全国各地で行われている朝顔の種を運ぶ『明後日朝顔プロジェクト』から、「種が土地や植物の記憶を運ぶ<乗り物>であるように、船が物流・交易の要となって土地を運び、人々の思いや記憶を運ぶ」という着想を得て、京都・舞鶴の市民とアーティスト日比野克彦さんにより、朝顔の種の形を模した「船」を創作するプロジェクトがスタートしています。
TANeFUNe(タネフネ)は、このプロジェクトから完成した朝顔の種の形をした自走船のことです。2012年5月から8月にかけて、京都府舞鶴市から新潟県まで81日間をかけて、約970kmを航海しました。時速約13kmで進むタネフネは、日本海沿岸の港を沿うように進み、合計35港に立ち寄りながら地域と地域を繋いできました。

2013年に、浦戸湾へやってきたタネフネは浦戸湾を走行。海の繋がりの視点から新たな価値観を創造し、「水域文化」を構築していくプロジェクトとして走り続けています。